仕手株を攻略する男性

NTTと双日の株で安心できる投資を目指そう

近年の日本では、年金の受給額に対して不安の声が多く聞かれています。その背景にあるのが、少子高齢化の問題です。今後、団塊の世代の多くが年金の受給を受けるようになると、さらに財政は圧迫され、年金の受給額は減少する可能性があります。こうした状況はさらに悪化する傾向にあり、少子化で税負担者の数が相対的に減少していく中、年金制度への風当たりはより悪くなると考えられるのです。
こうした時代だからこそ、将来に対して若いうちから準備しておく必要があります。そのためにも、正しい資産運用の知識を持ち、計画立てて行うことが重要です。そこで、初心者でも始めやすい資産運用について解説します。資産運用と聞くと、多くの人が投資を連想します。投資には、リスクも存在するため、懐疑心を抱く人も少なくないのも事実です。しかし、投資は上手にリスクマネジメントを行うことで、リスクを最小限に抑えることが可能になり、将来の備えとしても働いてくれるようになります。
では、老後への備えとしておすすめの株式銘柄を2つピックアップします。1つは、NTTです。以前は国営企業でしたが、現在では一般の株式会社と同様の扱いになっています。NTTは、日本人の多くで利用されている、最大の通信会社です。そして、企業の成長に対しても貪欲であり、様々な新しい技術やテクノロジーを取り入れています。よって、今後も日本人の生活に密着したビジネススタイルを貫くと考えられ、業績も安定して成長すると考えられています。
そして、もう1つの銘柄は、双日です。商社の1つであり、現在の業績や株価は、あまり良い状態であるとは言えません。その主な理由は、原油価格の下落です。この流れは商社全体を通して言えることであり、エネルギー資源との関係が濃いため、大きな影響を受けやすいのです。しかし、年末から来年には、原油価格は安定していくと推測されているので、今がチャンスとも言えます。