仕手株を攻略する男性

仕手株の急騰のタイミングを予測しよう

株で儲ける醍醐味は実感してみたものでないとわかりませんが、特にその購入した株が何倍にも時には十倍にもなれば妙味をおぼえるのは無理もないことです。こうした何倍にもなるケースは、常ではないですがある一定のものについてが十分にありえるものです。そのようなものを仕手株とよび、これらのものには特徴があります。
それは市場からあまり関心をもたれていないものが、短期間で3倍にも5倍にもなったりするものでその要因は仕手筋という価格を高騰させるために大量に取引して値をつり上げて、売り抜けていく集団がいるからです。
こうした仕手筋に手口には、ポイントがあります。まずは完全に不人気なものであることです。日々の取引の数が少なく、業界の内容も知られていないものが多いです。そしてその業務内容が知られていないにも関わらずよくものが狙われます。そうした株には、たいていの場合に浮動株といって市場にでまるものが少ないことが多く、この数が少ないほど僅かな買占めで価格を上げることが可能です。
こうした点から普段取引がすくないものが連日平素の10倍以上の取引をこなしていると仕手筋が買い占めて集めている兆しがあるといえ、一気に浮動株がすくなくなると買い注文を殺到させて値をつり上げていきます。
仕込みのタイミングとして、平素よりも取引が増え始めた2から3営業日に購入して、流れにのるのがいいです。しばらくして予想通りに株価が2から5倍くらいになれば売り抜けてしまうぐらいで考えておいたほうがいいです。そのくらいの価格になるともう仕手筋は売り抜けてしまって後は個人での小規模な売買になる可能性があり、途中から大きく値をさげて暴落するので売りタイミングは間違わないようにしないといけないです。