仕手株を攻略する男性

デジタルサイネージを起用している金融機関に行こう

動画を使用した看板型の広告媒体としてデジタルサイネージがあります。
デジタル技術による新しい広告として大きな注目を集めており、最大の特徴として、広告の設置場所に応じたターゲティングが可能であること、時間帯に適したコンテンツ・CMを提供できることがあります。

デジタルサイネージのメリットは、大きく、6つを挙げることができます。
内容として以下が挙げられます。

・商品情報が具体的に伝わること
・感情を伝えやすいこと
・時間帯に合わせた広告ができること
・呼び込みの自動化で経費削減が可能になること
・更新を迅速に安価に行うことができること
・用途変更が簡単にできること

デジタルサイネージは、現在、あらゆる場所で採用されており、その中の1つに金融機関があります。
ここでは、投資、株、金利、金融商品などのタイムリーな情報が利用者に提供され、待ち時間に視聴をしてもらうことで効果を得ることが可能となります。

金融機関におけるデジタルサイネージは親和性が非常に高く、ATMの画面を一人ひとりに合わせて表示することもできます。
よく見られるものとしては待合スペースにおける大型ディスプレイでの情報提供があります。
商品情報の他にも経済ニュースやお知らせを表示することで、待ち時間でイライラする気分を和らげたり、利用者のニーズに関連するサービスも提供することができます。

金融機関でのデジタルサイネージが期待できる理由としては、利用者の行動特性、利用時の状況、設置環境があります。
まず、行動特性に関しては、消費行動の直前に金融機関を利用することが多いためにアクションを誘導しやすいことがあります。
利用時の状況に関しては、視聴を阻害する要素が少なく長時間での視聴が可能となる点があります。
例えば、一人で金融機関を利用した場合では平均待ち時間が窓口では約9分、ATMでは約7分というデータがあり、この待ち時間に情報を提供することが可能です。
設置環境は金融機関ならではの特徴が大きく関係しています。
目線や店内導線に配慮した適切な配置ができること、落ち着いた雰囲気で視聴できること、競合媒体がない閉じられた環境であることを理由として、集中して情報を見てもらうことができます。

金融機関におけるデジタルサイネージの場合、例えば、一例を挙げれば、金利表示、金融商品、相談デスクなどがロールされることで情報が提供されます。
情報コンテンツとして他の要素が組み込まれることも多く、企業ロゴや、旅行情報、キッズ番組、企業CM、地域情報などが取り入れられるケースもあります。